microscope

顕微鏡(マイクロスコープ)

顕微鏡で口腔内の細部まで拡大して治療が可能になります。
またカメラに接続しておりますので、患者様が自分の歯の状態や治療内容を後から歯科医師と同じ目線の画像で確認することができます。

詳しくは「顕微鏡歯科」のページをご覧ください。

rooms04

歯科用CT

CT検査はX線を使って身体の断面を撮影する検査です。歯科用CTは医科用のCTに比べて解像度が高く、放射線被曝が少なく設計されています。

現在では多くの歯科用CTが販売されておりますが、当院のCTは頭部全体を一度に撮影できるので、上下の親知らずや上顎洞の病変、顔面外傷の診断にも有用です。さらに矯正治療の頭部計測にも使用しています。またインプラント手術の診断も正確に行うことができます。

rooms02

手術室

オールオン4や骨移植手術など難易度の高い手術や通常のインプラント手術、口腔外科手術をスムースに行えるように、万全の設備を備えた手術室です。手術室の条件として広さはとても重要になります。

血圧計、心電図、酸素吸入、インプラントエンジン(3台)、超音波手術用切削器具、非常用吸引装置、手術記録用カメラを設置してあります。

rooms01

リカバリールーム

インプラント等の手術後に、ご帰宅などに支障がない様お休みいただくための部屋です。
診療室の奥にあり、リラックスできる空間となっています。

rooms03

個室診療室

プライバシーを守る個室診療室もございます。手術用顕微鏡での治療内容が記録されるようになっております。

rooms09

カウンセリングルーム

診療内容や治療方針、治療手段などをご説明する部屋です。
ディスプレイを使用してご納得いただけるまで丁寧にご説明します。

特にインプラント治療の際は治療開始前に最低1時間のカウンセリングを2回程度行い、治療のご希望などを詳しくお聞きしています。

rooms08

院内技工所

通常の歯科医院では外注して製作している技工物ですが、当院では歯科技工士が院内技工でインプラントの義歯とセラミック冠を作成しています。審美歯科においてセラミッククラウンの色や精度を実際に歯の色に合わせて作成するということは非常に重要となります。また技工士と密に連携をとることで、非常に良い義歯を作成することができます。

 

rooms05 rooms10 rooms11 rooms12

tel